WNT-Design-20130530
Design

【サンプルファイル有】神速に近づきたい!はじめてのPhotoshopオリジナルショートカット設定

thumbnail_b_design_130530

こんにちは!デザイナーのタカハマです。今回はデザイン速度を「神速」に近づけるための秘策「Photoshopオリジナルショートカット設定のコツ」をご紹介します。


デフォルトのショートカットだけでは神速には遠い

Photoshopには作業効率を高めるためのショートカットが沢山用意されていますが、デフォルトのショートカットだけでは少し物足りない部分もあります。
日頃の業務でよく使うコマンドがあれば、オリジナルショートカットとして、追加しておくことをオススメします。
ささやかな「秘策」ではありますが、チリも積もれば効果は絶大です。

ちなみに、デフォルトショートカットのチートシートはこちらのサイトで紹介されています。


カスタマイズは簡単4step

ショートカットは次のやり方で簡単にカスタマイズできます。

  1. 「編集」>「キーボードショートカット…」でメニューを開く
  2. 「新規セット」ボタンをクリックしてセットのコピーを作成するか、セットを選択して変更する
  3. 変えたいコマンドの「ショートカット」を選択して、キーを押してショートカットを割り当てる
  4. 編集後、セットを保存する

カスタマイズ効果を高める3つのチェックポイント

どのコマンドをカスタマイズすると効果的かは、人によって大きく違います。
まずは、自分の作業パターンを振り返った時に、次の項目に多く当てはまるものをカスタマイズするのがオススメです。

  • 使用頻度が高いコマンド
  • たどりつくための手数が多いコマンド
  • メニューのどこにあるかをすぐ忘れるコマンド

私の場合、写真の大きさを何度も変えたり、フィルタのかけ具合を繰り返し調整したりしたいので「スマートオブジェクトに変換」は欠かせないショートカットです。
「レイヤー」>「スマートオブジェクト」>「スマートオブジェクトに変換」と、たどり着くまでの手数が微妙に多いのもカスタマイズしたくなるポイントです。


ショートカットキーを割り当てる3つのコツ

さて、カスタマイズするコマンドが決まったらどのようなショートカットキーを割り当てるかを考えます。
これが悩ましくも楽しい作業ですが、コツとしては次のようなポイントがあります。

  • 類似ショートカットと関連付けることで覚えやすくする
  • マウスをつかんだまま操作できるように、左手周辺のキーに集める
  • よく使うショートカットやOSショートカットとはぶつからないようにする

例えば、「新規ガイド」ならば「Cmd+Shift+R」と設定するのがオススメです。
「定規」の表示/非表示が「Cmd+R」なので、類似コマンドとして一緒に覚えやすく、片手のみで操作ができます。


とりあえずオススメのショートカット6

せっかくなので私の「とりあえずオススメ」なショートカットをご紹介します。
なお、私の作業環境はMacのPhotoshop CS5なので、環境によっては異なる部分があるかもしれません。
(Windowsの方は「Cmd→Ctrl」「Opt→Alt」で対応可能かと思います!)

新規ガイド…:Cmd+Shift+R

GuideGuideなどの便利なエクステンションもありますが、意外と「新規ガイド」の使い勝手も侮れません。

コマンドの「新規ガイド」は整数値での指定になるので、定規からドラッグした際に起きる「ガイドのピクセルズレ」なども防げます。

関連付けは「定規表示」のCmd+R

選択範囲を変形:Cmd+Opt+T

選択範囲を作成した後での調整に便利です。

関連付けは「自由変形」のCmd+T

レイヤー (グループ) を複製…:Cmd+Opt+J

グループ単位で複製したい時、別のpsdファイルに複製したい時に便利です。

関連付けは「レイヤーの複製」のCmd+J

スマートオブジェクトに変換:Cmd+Shift+E

ビットマップデータを拡縮させたい、レイヤーをまとめたい、フィルタのかけ具合を調整したい、そんな時に何かと便利な「スマートオブジェクトに変換」コマンドです。

関連付けは「レイヤーを結合」のCmd+E

※Cmd+Shift+Eのデフォルト設定は「表示レイヤーを結合」

レイヤースタイルのコピペ:Cmd+Opt+Shift+C・X・ V

  • レイヤースタイルをコピー:Cmd+Opt+Shift+C
  • レイヤースタイルをペースト:Cmd+Opt+Shift+V
  • レイヤースタイルを消去:Cmd+Opt+Shift+X

レイヤー効果を使いまわす時にとにかく便利!

関連付けは「一般的なコピペ」

※Cmd+Opt+Shift+Cのデフォルト設定は「コンテンツに応じて拡大・縮小」

※Cmd+Opt+Shift+Xのデフォルト設定は「すべてのサーフェスを表示」

整列:Cmd+Control+テンキー

  • 上端:Cmd+Control+7
  • 垂直方向中央:Cmd+Control+8
  • 下端:Cmd+Control+9
  • 垂直方向中央に分布:Cmd+Control+-
  • 左端:Cmd+Control+4
  • 水平方向中央:Cmd+Control+5
  • 右端:Cmd+Control+6
  • 水平方向中央に分布:Cmd+Control++

オブジェクトの整列はレイアウト作業の必須コマンドです。

選択範囲を基準に整列することもできるので、選択範囲と組み合わせるとさらに便利です。

関連付けはテンキーの並びを利用しました。(左手周辺に集めることよりも、見た目の覚えやすさを優先しています)


設定の手間すらもショートカット

ショートカット設定は「.kysファイル」による受け渡しが可能です。

すでにオリジナルショートカットを設定している先輩がいれば「.kysファイル」を貰うことで、設定の手間すらもショートカットできます。

上記ショートカット設定を反映した「US_WebNAUT_KeyShort.kys」をアップしましたので、興味があればお試しください。
(私の環境では/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Adobe Photoshop CS5/Presets/Keyboard Shortcuts/配下に格納してます)

※Mac、PsCS5、USキーボードでの設定です

カスタマイズのデメリットはクラウドで解決!

良いことばかり書いていますが、実はデメリットもあります。それはカスタマイズに慣れすぎると「他人のマシンでのパフォーマンスが極端に落ちる!」そして、それが「かなりのストレス!」ということです。

弘法筆を選ばず」なんて言葉もありますが、オリジナルの筆で制作したくなるのもクリエイターの性。
カスタマイズ好きな方は設定ファイルをDropboxなどのクラウド上に保管しておくことを強くオススメします!

thumbnail_b_design_130530

記事が気に入ったらシェアしよう

この記事を書いたメンバー

タカハマ ケンタ デザイナー/アートディレクター

デザインの面白さを分かりやすく伝えることをテーマとしています。
趣味はドライブとツーリングと買い物。
本気の買い物は仕事に役立つという信念で散財を楽しんでいます。

成果につながるWeb制作を

成果につながるWeb制作を
ビーワークスのミッションは「デザインで世の中を動かすこと」。
出版物、販促ツール、WEBサイト、ゲームアプリなど、多用な領域でクライアントのビジネス拡大に貢献するデザインを提供する制作会社です。

記事の更新をお知らせします!

  • 採用情報

    採用情報

    記事を読んで興味を持った方、
    ビーワークスの考え方に共感した方、
    一緒に新しいデザイン、創りませんか?

  • 制作実績

    制作実績

    日々、制作実績を更新中!
    ビーワークスの多様な実績をぜひご覧ください。

  • 双子座
  • 蟹座
  • 獅子座