WNT-Design-20130227
Design

ピクトってやっぱ難しいよね!?ピクトグラムの男女差を63タイプで検証してみた

ピクトってやっぱ難しいよね!?ピクトグラムの男女差を63タイプで検証してみた

「そのOLのピクト、女性にしては肩幅広すぎない?」 そんな話を隣のデザイナーとしていたら、ピクトグラムの「男女差」の要因が気になってきたので、実際に検証してみました。みなさんは「男女差」って何を基準に判断してますか?


身近なトイレのピクトグラムを観察してみる

男女のピクトグラムと聞いて、誰もが真っ先に思いつくのはトイレのピクトグラムではないでしょうか。
早速、弊社のトイレをチェックすると…。

img_design_20130227_01

形状は◯と△の組み合わせで表現され、男性は青色、女性は赤色という配色です。
配色を除けば、形状としては肩幅だけで男女の違いを表現しています。
つまり、男女差を表現する上で「肩幅」は効果的ということでしょうか。
冒頭の「女性にしては肩幅広すぎない?」という指摘はあながち間違いではないかもしれません。


形状や配色のパターンを組み変えて検証してみる

ここでさらに気になるポイントが

  • 「配色」と「形状(肩幅)」はどちらが強いのか
  • 冒頭の「肩幅の重要性」はどの程度あるのか
  • 男女差を表す「モチーフ」が加わったらどうなるか

ということで、形状と配色の組み合わせ違いや、「ハット」や「おさげ」などの男女差を表すモチーフを追加してピクトグラムを作成しました。

img_design_20130227_02

アンケート用紙を作成

これらのピクトグラムが、トイレのピクトグラムとしてどの程度機能するのか、男女10名ずつ計20名を集めてアンケートをとりました。

img_design_20130227_03

アンケート用紙の設問は以下の通りです。

1.あなたの性別はどちらですか【男】【女】
2.あなたがデパートのトイレに入る姿をイメージした際に、
次の1~63の性別アイコンでトイレに入るか否かを【◯】【×】【△】でそれぞれ回答してください。
(◯:トイレに入る/×:おそらく入らない/△:どちらとも言えない)
緊急状態をイメージして瞬間的に判断してください。

今回は並べての比較ではなく、一つしか目に入らない場合を想定して答えてもらいました。
(フロア別でトイレが男女分かれている場合もありますからね)


アンケート集計結果

ポイント制でNo.1~63のピクトグラムをそれぞれ集計します。

  • ◯:3pt
  • △:1pt
  • ×:0pt

結果は次のようになりました。

男性の集計結果

img_design_20130227_04

img_design_20130227_05

img_design_20130227_05_2

半数が入ると答えた15ptを基準に判断すると

  • 赤色は肩幅やハットがあっても入らない
  • 青色はおさげ以外は入る
  • 肩幅の影響は少ない(黒色で肩幅が狭い場合でも入る)
  • モチーフがない場合は色が判断材料

女性の集計結果

img_design_20130227_06
img_design_20130227_07
img_design_20130227_07_2

  • 赤色で肩幅が狭い、もしくはおさげがある場合は入る
  • 青色はおさげあり、かつ肩幅が狭ければ入る
  • モチーフがない場合で入るのは、赤かつ肩幅が狭いもののみ

影響力は「モチーフ」>「配色」>「形状」の順

この結果からよみとれるのは「モチーフ」>「配色」>「形状(肩幅)」の順で影響力があるということ。
肩幅にも男女差を分ける効果は見られるのですが、モチーフや配色ほどの影響力は持っていませんでした。

なお今回のアンケートに協力してくれた男性陣のなんと適当なことか…。
弊社トイレのピクトグラムだと、女子トイレに入ってしまう人間が二人もいました…。
(さすがに女性で逆のケースはないようでした。)
男性と比べると女性の方が形状(肩幅)まで注意深く観察していることが伺えます。

トイレの看板であれば表現の制限は少ないため「モチーフ」も「配色」も「形状(肩幅)」も、すべて男女差をつければ、よりわかりやすいピクトグラムになりますが、デバイスによっては、モチーフ差を表現するのが難しいサイズだったり、単色しか使用できなかったりします。

非言語で内容を直感的に伝えられるピクトグラムは「デバイスの省スペース化」や「アプリのグローバル化」傾向が見られる昨今、ますます重要性が増していくジャンルだと考えられますので、今後もピクトグラム表現の特徴は注意深く追いかけていきたいものです。

thumbnail_b_design_20130227

記事が気に入ったらシェアしよう

この記事を書いたメンバー

タカハマ ケンタ デザイナー/アートディレクター/マネージャー

デザインの面白さを分かりやすく伝えることをテーマとしています。
趣味はドライブとツーリングと買い物。
本気の買い物は仕事に役立つという信念で散財を楽しんでいます。

成果につながるWeb制作を

成果につながるWeb制作を
ビーワークスのミッションは「デザインで世の中を動かすこと」。
出版物、販促ツール、WEBサイト、ゲームアプリなど、多用な領域でクライアントのビジネス拡大に貢献するデザインを提供する制作会社です。

記事の更新をお知らせします!

  • 採用情報

    採用情報

    記事を読んで興味を持った方、
    ビーワークスの考え方に共感した方、
    一緒に新しいデザイン、創りませんか?

  • 制作実績

    制作実績

    日々、制作実績を更新中!
    ビーワークスの多様な実績をぜひご覧ください。

  • 蠍座
  • 射手座
  • 山羊座