WNT-Column-20130326
Column

仕事がデキる人はやっている!効率よく情報収集するテクニック

thumbnail_b_category_yymmdd

めまぐるしく移り変わるWEB業界で生きる私たちにとって、情報収集のうまい/ヘタは、仕事がデキる/デキないに直結する必須スキル。 今回は、有益な情報を「できるだけラクに」仕入れるための、3つのテクニックをご紹介します。

ツールにおまかせ!ラクして情報収集を日課に

プランニングを仕事にしている私自身はもちろん、ビーワークスのメンバーは職種を問わず日々様々な情報収集ツールを駆使しています。

その中でも、特に利用が多かったのが以下の4つ。

  • Facebook
  • Twitter
  • Googleアラート
  • Gunosy

これらに共通するのは、情報が「自動的に流れてくる」こと。

Facebook や Twitter などのSNSで、業界人やメディアをフォローしておけば、随時タイムラインに流れてくるし、習慣にしやすいです。友達に業界人が多ければ「鮮度も精度も高く、メディアに露出する前の1次情報が手に入る!」という声も。
スマートフォンで情報収集するイメージ

WebNAUTもFacebookフィードで新着記事を発信中!ぜひ「いいね!」してみてくださいね。

Googleアラートは、知りたいキーワードを登録しておくだけで、関連ニュースが毎日メールやリーダーに届きます。私の場合は、仕事に関わるトレンドワードや、担当クライアント名でキーワードを登録しています。アラートはメールで届く設定にしていて、メールチェック時にまとめて目を通すので見落としもありません。

そして、使えば使うほど自分の興味のある記事を集めてくれる Gunosy は、社内でも「超便利!」「惚れる!」と絶賛の声多々。メールの配信時間も設定できるので、起きる時間や通勤時間など、チェックしたい時間に届くようにすると便利です。

私はものぐさなタイプなので…情報を自分から探しにいくスタイルでは、手間もかかるし、なかなか続きません。自動化することで毎日続けやすくなり、続けることで、情報の質を見分ける感度もアップしますよ!


発信する人ほど、情報ツウになれる

せっかく仕入れた情報は、なるべく新鮮なうちに、誰かに共有しましょう。共有することで、様々なメリットがあります。

  • 人に伝えるために、頭の中で情報を整理するので、理解が深まる
  • 相手がどんな反応を示すかで、相手の興味・関心を知ったり、情報の価値をはかったりするヒントになる
  • 相手の反応から、自分とは異なる視点や見解に気付ける
  • 自分がどんな情報に関心があるのかを示すことで、以後、関連情報が入ってきやすくなる

この中でも、特に4つめは意外に重要です。
心理学でも「返報性の原理」というのがありますが、いつも役立つ情報をくれる人には、役立つ情報をお返したくなるもの。また、情報共有は自分の視点や見解を伝える行為でもあるので、結果、より関連性の高い情報が集まりやすくなります。アナログ版 Gunosyという感じですね。

ビーワークスでは、「○○○って知ってる?」「○○○がこんなサービスを始めたらしいよ」なんて会話が日々あちこちで交わされたり、Backlog※の情報共有スレッドにポストされた記事から、議論が盛り上がり、そこから「こんな活動やってみようよ!」なんてプロジェクトに発展したりしています。


「情報収集」を1日のスケジュールに組み込む

どんなに情報収集が大事だからといって、一日中情報収集をしているわけにはいきませんよね。無理なく新鮮な情報を仕入れるためには、情報収集を1日のサイクルの中の「決まった時間帯」に組み込むことがコツです。ビーワークスでも多くのメンバーが、毎日決まった時間を情報収集に充てています。

朝起きたらすぐ

ベッドの中でスマホにざっと目を通せば、寝ぼけた頭も覚醒するかも?ただし寝起きなので「重要なトピックがないか」を見ておくだけでOK。気になる記事は後で詳しくチェックしましょう。

朝の通勤中

朝の通勤時間はおすすめの情報収集タイミング。出勤前に仕入れたネタは、職場やクライアントとの会話で活かしたり、コミュニケーションを通して深堀りしたりできます。

昼休み

朝のうちに目をつけておいた記事を、ランチを取りつつ、PCでじっくりチェックします。もちろん、ランチタイムに同僚と交わす世間話が、有益な情報源になることも多々。

帰宅中・帰宅後

一日中情報に目を通す暇がなかった!という多忙な日は、帰宅中か、帰宅後の時間を有効活用。明日には、また新しい情報が入ってくるので「その日のニュースはその日のうちに消化」という最低限のルールを決めて、習慣をキープしましょう。

こうやって挙げてみると「朝から晩まで情報収集なんてムリ!」という声も聞こえてきそうですが、大事なのは、苦にならない程度の「取り組めるペース」で毎日続けること。長く習慣にするためには、ポジティブに取り組めるバランスが大事だと思います。

質のよいアウトプットは、質のよいインプットから。

①自動化する、②共有する、③時間を決める、の3つのテクニックで情報収集を続ければ、感度も磨かれ、仕事の質も今よりきっと高まるはず!すぐに取り入れられる習慣で、今日からあなたも「デキる情報ツウ」を目指しましょう!

thumbnail_b_category_yymmdd

記事が気に入ったらシェアしよう

この記事を書いたメンバー

川村 佳乃 プランナー/ディレクター

自分たちが生みだすモノや仕組みで、誰かをもっとワクワクさせたい。
そんな仕事のために、大事にしているのはお客様の商品を愛すること、だけど冷静にズケズケも言うこと。

成果につながるWeb制作を

成果につながるWeb制作を
ビーワークスのミッションは「デザインで世の中を動かすこと」。
出版物、販促ツール、WEBサイト、ゲームアプリなど、多用な領域でクライアントのビジネス拡大に貢献するデザインを提供する制作会社です。

記事の更新をお知らせします!

  • 採用情報

    採用情報

    記事を読んで興味を持った方、
    ビーワークスの考え方に共感した方、
    一緒に新しいデザイン、創りませんか?

  • 制作実績

    制作実績

    日々、制作実績を更新中!
    ビーワークスの多様な実績をぜひご覧ください。

  • 牡羊座
  • 牡牛座
  • 双子座